ベニマシコ、枝止まりですが2017年02月22日 22:40

今日は近所のA公園へ、先月はよく通ったのですが、今月は二度目です。ベニマシコのオスが紅色によく染まっているということで、ポイントで待ったのですが姿を見せてくれません。
諦めて水路沿いを散策したところ、オスメス数羽の群れが、水路を行き来していました。枝止まりですが、枝が多くてうまく撮らしてもらえません。

ベニマシコ

ベニマシコ

ベニマシコ

ベニマシコ

ベニマシコ

ベニマシコ







ミヤマガラス、お初のカラスかな2017年02月21日 20:50

カラスといえば、ハシボソガラスかハシブトガラスていどしか知らないのですが、木の上の方にレンズを向けているCMさんから、「これは撮っておいた方がよいよ」と助言をいただきまして撮りました。
ミヤマガラス、嘴の基部が白いのが特徴のようですが、光線の具合で白いようにも、全体が黒いようにも見えたりします。

ミヤマガラス

ミヤマガラス

ミヤマガラス

ミヤマガラス


こうして見れば、けっこう、いい顔をしています。



アカハジロ、お昼寝が長いようで2017年02月20日 21:10

お昼過ぎ頃までは天気が持ちそうな予報だったので、都心の公園へ出かけました。
アカハジロ:図鑑によれば、
雄の頭部は緑色光沢のある黒色で胸は赤褐色。まれな冬鳥として沼や池に渡来し、キンクロハジロやホシハジロの群れにいることが多い。
今日の観察を付け加えれば、お昼寝が長いようでなかなか起きて首を伸ばしてくれません。そして、光の当たり具合もあり、緑色光沢の頭部を撮るのは難儀でした。

アカハジロ

アカハジロ

アカハジロ

アカハジロ

アカハジロ

アカハジロ

アカハジロ


都心の公園は有料なので、時間が気に掛かって落ち着きません。
せめて、今の半額くらいに、本来は無料であってほしいのですが。




ヘラサギとクロツラヘラサギ、一緒です2017年02月19日 21:45

昨日は、曇り空の肌寒い一日でした。
公園の沖合に造成された”西なぎさ”で待つこと2時間、この日の干潮
時刻に近い午後3時頃に仲良く一緒に飛来しました。
名前(Spoonbill)が示すようにスプーン状の嘴を持ったヘラサギとクロツラヘラサギです。潮の引き始めた渚を、餌を探しながら西へ東へと移動しながら、結構な時間近くで遊んでくれました。

ヘラサギ&クロツラヘラサギ
大きい方がヘラサギ。冬羽で、冠羽は見られない



ヘラサギ
嘴の先端は黄色で、嘴と目は黒い線でつながっているような。

ヘラサギ

ヘラサギ

クロツラヘラサギ
嘴、額、眼までが一体化したようで黒い

クロツラヘラサギ

クロツラヘラサギ


薄暗い午後の遅い時間で、あまり色が出ていませんが近くで撮ることができました。全て、ノートリミングです。



海辺の水鳥たち2017年02月18日 23:00

久しぶりの海岸沿いの海辺で、わずか3時間ほどの滞在でしたがたくさんの水鳥に出会えました。冬場の静かな海もなかなか、いいものです。風が吹くと寒いですが、、、

ウミアイサ メス
ウミアイサ

ヨシガモ  オス
ヨシガモ

セグロカモメ
セグロカモメ
(若鳥)
セグロカモメ 若

トウゾクカモメ  かな
トウゾクカモメ

ウミウ
ウミウ


今日の二枚:イソヒヨドリ

イソヒヨドリ

イソヒヨドリ


海辺で見るイソヒヨドリは初めてです。